『企業経営に関わる人に絶対に押さえてもらいたい会社のお金の流れをわかりやすく本にまとめました!』2008/08/25 - 経理合理化プロジェクト ニュースレター

経理合理化プロジェクト ニュースレター ホーム » スポンサー広告 » ニュースレター2008 » 『企業経営に関わる人に絶対に押さえてもらいたい会社のお金の流れをわかりやすく本にまとめました!』2008/08/25

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『企業経営に関わる人に絶対に押さえてもらいたい会社のお金の流れをわかりやすく本にまとめました!』2008/08/25

 いつもお世話になっております。『経理合理化プロジェクト®』の児玉尚彦です。
おかげさまで、ダイヤモンド社から、『会社のお金はどこへ消えた?キャッシュバランス・フローでお金を呼び込む59の鉄則』を出させていただきます。『経理合理化プロジェクト®』として3冊目の本になります。全国の書店での発売は8月29日(金)からですが、日頃からお世話になっているあなたには1日も早くお届けしたかったので、印刷工場から刷り上ったばかりの本を取り寄せてお贈りさせていただきます。日本経済のお金の流れが悪くなっている今、会社のお金の流れをこの本で、ぜひチェックしてみてください。
本の序文にも書きましたが、会社の悩みはすべてお金に集約されます。どこの会社でもみんなお金のことで苦労しています。でも、あなたが悩んでいる問題をすでに解決している会社もあります。そこで児玉が1,000人以上の社長から学んだお金の解決方法を本にまとめました。

1,000人の社長のお金のコントロールの仕方を知っておいて、絶対に損はありません。
それだけでビジネスで失敗する確率を圧倒的に減らすことができるからです。
1,000社以上の企業活動の結果を見ると、企業経営の数値的な法則が見えてきます。それを「お金を呼び込む59の鉄則」としてまとめてあります。
また、他の会社の事例を知るだけで、解決の糸口が開けてくることがよくあります。そんな経営のヒントになる部分がこの本の中に絶対に何箇所かあると確信しています。会計とか財務の本は、「細かい数字の説明が多いのでちょっと勘弁して」という人は、少なくありません。実は、わたしもそうです。
そこでこの本では細かい数字や文章で理解するのではなく、50以上の図やイメージでわかりやすく簡単に内容を把握できるように工夫してあります。忙しい経営者はもちろん、多忙な経営者とお金の話をする経理担当者や会計事務所の方のために、この本は次のコンセプトで構成してあります。
『賢い社長は会計を勉強するよりも、お金の流れを図で理解する!』

※ごめんなさい!このサイトでご覧いただけるのはここまでです。以降の情報は『経理4970.tv』サポートサイトでご覧いただけます。 http://www.keiri4970.tv 役に立つ経理合理化情報が満載です。ぜひ『経理4970.tv』で経理合理化を学んでください!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://keiri4970tv.blog87.fc2.com/tb.php/28-0e5d1ca5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。